美圧ヨガbesta
加圧×ヨガで
ダイエット・美肌・体質改善

お役立ち情報 COLUMN

三大栄養素(タンパク質、脂肪、炭水化物)とダイエット

2018年04月27日
三大栄養素について知ると、ダイエットを効率的になりよりキツくなく行うことができます。★タンパク質タンパク質は、動物性の食品と一部の植物性の食品から摂取することができます。鶏肉、牛肉、豚肉、魚、大豆、そして全ての乳製品になります。タンパク質は生命を作る材料であるアミノ酸です。タンパク質を食べると、炭水化物を糖に分解するのと同じようにアミノ酸に分解していきます。血液中にアミノ酸があまりにも少ない場合には、自然と身体は代償を払ってでもアミノ酸をつくろうとします。代償とはアミノ酸を筋肉や内臓から得ることです。身体は血液中のアミノ酸の値を保つため、それ自身の内臓や筋肉までも破壊してしまうことがあるのです…

知っておきたい脂肪が増えてしまう仕組みと減っていく仕組みとは?

2018年04月26日
皆さんの天敵である脂肪。どの様な仕組みで増えたり減ったりしていくのでしょうか?カロリーの事や血糖値の事を知ることができれば脂肪を知ることに繋がります。まず、カロリーというものは食事から摂取しています。カロリーは3つのタイプにグループ分けすることができます。炭水化物(Carbohydrate)、タンパク質(Protein)、脂肪(Fat)です。通常は何の活動もしないで、ただ休息していた時に一日に必要なカロリーは、約1,800カロリーです。一日1800カロリーを食べていれば、自分の身体を正常な血糖値(70~110)に保つことができると言われています。そして、そのカロリーは内臓や筋肉を維持するために…

【ダイエットマニュアルvol.10】糖質制限ダイエットでただローカーボにするだけではダメな理由とは?

2018年04月19日
糖質制限ダイエットを行ういあたり、ただローカーボにするだけではダメな理由があります。今回はコラムをお読みの方にはその理由をお伝えします。なぜならば、ただローカーボにするだけでは、ゆっくりと低血糖になり、ゆっくりと糖新生が起こります。そして、ゆっくりとケトン体の生成量が増えてきて、ゆっくりとケトーシスになっていくことになります。ということは、その間に、どんどんと筋肉が減っていっているのです!また、空腹感やエネルギー切れ感も強く、体調も崩れてしまいがちになります。そこで、こちらのコラムで掲載したサプリメントを利用することにより、短時間でケトン体を利用できる身体になれるため、空腹感も少なく、エネルギ…

【ダイエットマニュアルvol.9】糖質制限ダイエット時におけるサプリメントの具体的な摂取量・摂取方法をお教えします。

2018年04月19日
このコラムでは、糖質制限ダイエット時のサプリメントの具体的な摂取量・摂取方法について解説していきます。まずは、糖質制限ダイエットにおいてケトーシスへ早期に移行することが大変重要です。通常の食事、あるいは普通のダイエット食からローカーボ食に変更するとき、一番問題となるのが「低血糖」です。普段は炭水化物をエネルギー源にしているわけですから、急にローカーボにしたらエネルギー切れになることが多いです。低血糖になれば糖新生(筋肉が分解されエネルギーになる現象)も起こりやすく、筋肉がどんどん分解されてしまいます。ですから、糖質制限ダイエットを始める場合は、いかに早くケトーシス(ケトン体が血中に増加している…

【ダイエットマニュアルvol.8】脂肪の酸化を防ぐにはビタミンEが有効な理由とは?

2018年04月19日
■脂肪の酸化を防ぐにはビタミンEが有効です健康に良いとされる不飽和脂肪には酸化しやすいという欠点があります。それでは、不飽和脂肪の酸化を防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか。食品のラベルなどをみると、よく「酸化防止剤(ビタミンC)」とか、「酸化防止剤(トコフェロール)」などと書いてあります。ビタミンCは水溶性のため、脂肪の酸化を防ぐには向きません。トコフェロールとはビタミンEのことですが、こちらは脂溶性ですので、脂肪の酸化を防ぐために主に用いられます。そうです。脂肪の酸化を防ぐためには、なによりも「ビタミンE」を摂取することがポイントとなります。フィッシュオイルのサプリメントにも、ビタミン…

【ダイエットマニュアルvol.7】糖質制限ダイエット成功のために知っておくべき3つのポイント-2

2018年04月19日
前回コラムはこちらをクリック次に、脂肪を摂取する時に気をつけるべき点をお伝えします。POINT③糖質制限ダイエットは脂肪は「良質の脂肪」を摂取する。あまりに大量の脂肪を摂取することは、心臓病などの原因にならないか、心配な方もいらっしゃると思います。糖質制限ダイエットの創始者であるアトキンス博士は、「その心配はいらない」と断言しています。炭水化物を摂取してインスリンが多めに存在する場合に限り、脂肪は悪影響の元になるというのがアトキンス博士の見解です。しかし、近年の研究によると、大量の「飽和脂肪」は脳に悪影響を与えたり、大腸がんのリスクファクターになったりするという疫学的な報告も出ています。これら…

【ダイエットマニュアルvol.6】糖質制限ダイエット成功のために知っておくべき3つのポイント-1

2018年04月19日
糖質制限ダイエットはどの様に行うと成功するのでしょうか?ポイントは大きく分けて3つあります。POINT①糖質制限ダイエットはタンパク質を「絶対量」で考えることPOINT②糖質制限ダイエットは安易に脂肪を制限してはいけないことPOINT③糖質制限ダイエットは脂肪は「良質の脂肪」を摂取することそれぞれのポイントについて見ていきましょう。まず、POINT①の糖質制限ダイエットはタンパク質を「絶対量」で考えるとPOINT②の糖質制限ダイエットはむやみに脂肪を制限してはいけないについて解説します。まず3大栄養素は下記3種類あります。①炭水化物(Carbohydrate:C)②タンパク質(Protein:…

【ダイエットマニュアルvol.5】糖質制限(ローカーボ)ダイエットの正しいやり方とは?

2018年04月13日
■糖質制限(ローカーボ)ダイエットの正しいやり方とは現在、流行にもなっている糖質制限ダイエットですが、しっかりとした知識を身に付け、行わなければ逆効果になってしまいます。まず糖質制限ダイエットを行うにあたり知っておくべき知識はいくつかあります。①体脂肪を増やす酵素を知る ~インスリンの効果とは~ダイエットにおいて、もっとも問題となるのは「インスリン」です。インスリンは糖尿病治療の際に用いられるものとしてよく聞くと思います。私たちの体は血液中のブドウ糖を燃料にして動いています。ブドウ糖は、ごはんやパンなどの炭水化物、イモ類やお菓子などの糖分に含まれています。普段の食事から摂取したブドウ糖が血液中…

【ダイエットマニュアルvol.4】ダイエットを科学してみよう

2018年04月13日
「ダイエットを科学する」なんて言うと、小難しく感じるかもしれません。しかし、ダイエットをする時に、しっかりこの知識を覚えると無駄なく効率的に行っていくことが可能です。まず、「ダイエットをする」=「体脂肪を減らしていくこと」だと思います。なので、体脂肪を減らすにはどうしたら良いか考えていきましょう。まず、結論から言います。1kgの体脂肪を減らすには約7,200kcalの消費が必要です。これが分かると、「何kgダイエットする!」と目標を立てた時に、1日に減らすべきカロリーが分かるのです。<1日に減らすべきカロリー>=【削減体重目標(kg)】×【約7,200kcal】÷【ダイエット日数】です。例えば…

【ダイエットマニュアルvol.3】ダイエットで考えるべき栄養素とアルコールについて

2018年04月13日
■ダイエットで考えるべき栄養素ダイエットの時にまず考えることはカロリー制限することだと思います。しかし、主食だけをカロリー制限して、菓子類、果物、飲み物、アルコール類の糖質を考慮していないと、主食に制限したとしても意味がありません。ダイエットの時に必要な栄養素の観点から考えていきましょう。まず、栄養素は下記三つから成り立っています。①炭水化物(Carbohydrate)②タンパク質(Protein)③脂質(Fat)そして、それぞれのカロリーは、下記の通りです。①炭水化物、1gあたり4kcal②タンパク質、1gあたり4kcal③脂質、1gあたり9kcal食べ物には炭水化物、タンパク質、脂質のどれ…
Webからのご予約