加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)とは?

血流制限トレーニングとは

加圧いわゆるBFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングのルーツは1960年に遡ります。今から50年以上前の時代は当然、今よりもスポーツジムも少なく、トレーニング方法やノウハウはまだまだ未整備の状態でした。そのような時代に、より良い高い成果を目指して試行錯誤を繰り返し、考え出されたメソッドが加圧=BFR(血流制限)でした。

加圧は当時、自転車のゴムチューブを腕や脚に巻いてトレーニングを行うことで、「短期間で高い成果が出る」と評判になり、誰もが知ることになるトレーニング方法となりました。

 

加圧=BFR(血流制限)トレーニングは、特定の部位に専用のベルトを巻くことで血流制限を行い、結果的に一般的なトレーニングよりも非常に軽い重量で同等もしくはそれ以上の運動効果をもたらすことができるトレーニング方法です。

その運動効果は幅広く日常の健康維持はもちろんのこと、多くの女性が関心のあるダイエット、さらには事故や病気の後のリハビリに有効です。またメジャーリーガーをはじめとするトップアスリートも活用しており、あらゆるニーズに応える有効なトレーニング方法と言えます。

 

加圧=BFR(血流制限)トレーニングは専用のベルトを使用することで通常よりも軽い重量でのトレーニングが可能となります。使用時間は1回に5分から10分程度で十分な効果を発揮します。短い時間での運動時間は結果として、関節に負担をかけることなく、自分の体重やペットボトルやチューブなどでも十分な負荷を得ることができます。わざわざジムに通わなくても魅力的な効果を出すことが期待できます。結果として、若者はもちろん高齢の方までと幅広い層に活用いただけ、いつでも安心してトレーニングを行うことができるのが加圧=BFR(血流制限)トレーニングです。

 

一般的な加圧は300mhgの圧で腕脚を専用ベルトで圧を加えていきますが、BFR協会の推奨する血流制限は半分以下の80mhgから160mhgの圧力を推奨しております。成長ホルモン美圧ヨガではBFRトレーニング協会の指導のもと80mhgの比較的低い圧力にてヨガを行うことを推奨しております。

キーワード
カテゴリ

記事をシェア

体験のご予約 会員マイページ