女性専用
美圧ヨガbesta

お役立ち情報 COLUMN 2ページ目

【ダイエットマニュアルvol.7】糖質制限ダイエット成功のために知っておくべき3つのポイント-2

2018年04月19日
前回コラムはこちらをクリック次に、脂肪を摂取する時に気をつけるべき点をお伝えします。POINT③糖質制限ダイエットは脂肪は「良質の脂肪」を摂取する。あまりに大量の脂肪を摂取することは、心臓病などの原因にならないか、心配な方もいらっしゃると思います。糖質制限ダイエットの創始者であるアトキンス博士は、「その心配はいらない」と断言しています。炭水化物を摂取してインスリンが多めに存在する場合に限り、脂肪は悪影響の元になるというのがアトキンス博士の見解です。しかし、近年の研究によると、大量の「飽和脂肪」は脳に悪影響を与えたり、大腸がんのリスクファクターになったりするという疫学的な報告も出ています。これら…

【ダイエットマニュアルvol.6】糖質制限ダイエット成功のために知っておくべき3つのポイント-1

2018年04月19日
糖質制限ダイエットはどの様に行うと成功するのでしょうか?ポイントは大きく分けて3つあります。POINT①糖質制限ダイエットはタンパク質を「絶対量」で考えることPOINT②糖質制限ダイエットは安易に脂肪を制限してはいけないことPOINT③糖質制限ダイエットは脂肪は「良質の脂肪」を摂取することそれぞれのポイントについて見ていきましょう。まず、POINT①の糖質制限ダイエットはタンパク質を「絶対量」で考えるとPOINT②の糖質制限ダイエットはむやみに脂肪を制限してはいけないについて解説します。まず3大栄養素は下記3種類あります。①炭水化物(Carbohydrate:C)②タンパク質(Protein:…

【ダイエットマニュアルvol.5】糖質制限(ローカーボ)ダイエットの正しいやり方とは?

2018年04月13日
■糖質制限(ローカーボ)ダイエットの正しいやり方とは現在、流行にもなっている糖質制限ダイエットですが、しっかりとした知識を身に付け、行わなければ逆効果になってしまいます。まず糖質制限ダイエットを行うにあたり知っておくべき知識はいくつかあります。①体脂肪を増やす酵素を知る ~インスリンの効果とは~ダイエットにおいて、もっとも問題となるのは「インスリン」です。インスリンは糖尿病治療の際に用いられるものとしてよく聞くと思います。私たちの体は血液中のブドウ糖を燃料にして動いています。ブドウ糖は、ごはんやパンなどの炭水化物、イモ類やお菓子などの糖分に含まれています。普段の食事から摂取したブドウ糖が血液中…

【ダイエットマニュアルvol.4】ダイエットを科学してみよう

2018年04月13日
「ダイエットを科学する」なんて言うと、小難しく感じるかもしれません。しかし、ダイエットをする時に、しっかりこの知識を覚えると無駄なく効率的に行っていくことが可能です。まず、「ダイエットをする」=「体脂肪を減らしていくこと」だと思います。なので、体脂肪を減らすにはどうしたら良いか考えていきましょう。まず、結論から言います。1kgの体脂肪を減らすには約7,200kcalの消費が必要です。これが分かると、「何kgダイエットする!」と目標を立てた時に、1日に減らすべきカロリーが分かるのです。<1日に減らすべきカロリー>=【削減体重目標(kg)】×【約7,200kcal】÷【ダイエット日数】です。例えば…

【ダイエットマニュアルvol.3】ダイエットで考えるべき栄養素とアルコールについて

2018年04月13日
■ダイエットで考えるべき栄養素ダイエットの時にまず考えることはカロリー制限することだと思います。しかし、主食だけをカロリー制限して、菓子類、果物、飲み物、アルコール類の糖質を考慮していないと、主食に制限したとしても意味がありません。ダイエットの時に必要な栄養素の観点から考えていきましょう。まず、栄養素は下記三つから成り立っています。①炭水化物(Carbohydrate)②タンパク質(Protein)③脂質(Fat)そして、それぞれのカロリーは、下記の通りです。①炭水化物、1gあたり4kcal②タンパク質、1gあたり4kcal③脂質、1gあたり9kcal食べ物には炭水化物、タンパク質、脂質のどれ…

【ダイエットマニュアルvol.2】ダイエットの基本とは?

2018年04月08日
ダイエットの基本的な考え方をお伝えします。まず、カロリー摂取は基本的な目安として考えるようにすると良いでしょう。考え方はとてもシンプルです。【1】カロリー消費量 = カロリー摂取量 の場合:体型は維持されます【2】カロリー消費量 < カロリー摂取量 の場合:カロリー消費量より摂取量が多ければ太ります【3】カロリー消費量 > カロリー摂取量 の場合:カロリー消費量より摂取量が多ければ痩せることができます。以上のように痩せるためには、摂取カロリーよりも、消費カロリーが多くすれば良いのです。女性の一般的な消費カロリーは以下の通りです。消費カロリーの構成は大きく3つに分けられます。【1】基礎代謝による…

【ダイエットマニュアルvol.1】今話題の糖質制限ダイエットの本質を知っていますか?

2018年04月06日
今、世間では話題となっている糖質制限ダイエット。糖質制限というワードを当たり前のように聞くようになりました。実は、糖質制限ダイエットにも色々と種類があります。それでは、糖質制限ダイエットの本質とは何でしょうか?まず、糖質制限にはゆるい糖質制限と糖質摂取を制限するケントジェニックというダイエット方法に分かれます。このコラムではゆるい糖質制限を推奨していません。理由として、ゆるい糖質制限は糖質制限の本質であるケトン体をエネルギー源としたものではなく、体がエネルギーを得るために筋肉が分解されエネルギーになる現象である糖新生が活発になるためです。そのため、中途半端な糖質制限は、筋肉の分解が起こりやすく…

これだけは知っておきたいヨガの流派

2018年02月15日
ヨガは紀元2,500年頃(約4,500年前)に生まれました。今ブームになっているヨガは、元々は「ハタヨガ」と言われ、その起源には諸説たくさんあります。元々は瞑想のようですが、じっと座って心を無にするというのは一般人にとっては難しく、馴染みにくいことでした。そこでポーズ(アーサナ)と呼吸を組み合わせたヨガとして考案されたのがハタヨガです。このハタヨガを元に色々な流派が生まれました。「ハタ」とはサンスクリット語であり、「ハ」は太陽、「タ」は月を意味しています。太陽と月は、陽と陰、男と女、上と下、理想と現実、心と身体など世の中の相対するものの代表的な存在です。ヨガには「結ぶ」という意味も含まれていま…

美圧ヨガの本当の効果とは?【美圧ヨガ創始者:岩沢陽介氏解説】

2018年01月10日
前回のコラムでは、美圧ヨガ創始者の岩沢陽介氏に美圧ヨガbesta(ベスタ)がどの様な成り立ちで創り上げられてきたのかをお伝え頂きました。今回は、実際の美圧ヨガの効果についてお伝えしたいと思います。【美圧ヨガの効果は!?】実際に1か月間、週に2日、1回45分程のプログラムをモニターとして体験した皆さまは結論、確実な効果が出ました。具体的には「6キロ以上減量した」「ウエストが11センチ細くなった」などのダイエット効果はもちろん、「肌がきめ細かくなり化粧のノリが良くなった」「夜よく眠れるようになった」「精神的にも安定しポジティブにになった」など、皆さんが心身両面の効果を実感されました。特にウエストが…

第三のヨガ美圧ヨガbesta(ベスタ)とは?【美圧ヨガ創始者:岩沢陽介氏解説】

2018年01月10日
第三のヨガと言われている美圧ヨガbesta(ベスタ)。なぜ、第三のヨガと言われているのでしょうか?今回は、美圧ヨガの創始者でもある岩沢陽介(いわさわ ようすけ)氏にお話いただきました。【第三のヨガ美圧ヨガベスタとは?】我々は「美圧ヨガbesta(ベスタ)」を第三のヨガと位置付けています。元来、ヨガとはサンスクリット語で「つなぐ」という意味します。「自然」と「自分」、「心」と「体」をつなぐ修行の一環でした。日本における第一のヨガは約100年前に自然との調和を目指す健康法として普及しました。そして、第二のヨガとして10数年前から現在までホットヨガが広まっています。ホットヨガは日常より高温の環境で発…
Webからのご予約