facebook

加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)で効果上げるために必要な2つのストレスとは?

加圧のトレーニング効果を上げよう

加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングによって、成長ホルモンが大量に分泌されますが、多くの方がホルモンが筋肉の強化、つまり筋肥大に直接的につながると思われがちです。しかし実は、筋肥大に必要なものは、ホルモンではないのです。

すごく専門的な話になりますが、実際に必要なものは、「体内のシグナル伝達を担うmTOR(エムトール)」と「筋肉の成長を妨げるミオスタチン」をコントロールすることなのです。

最近の女性の方には、体力の減少や基礎代謝が落ちてきたことで、もっと基礎筋力をつけたい、体力をつけたいと考える方が増えています。筋力の向上に必要なことは、筋肉に刺激つまりストレスを与えることですが、そのストレスは物理的ストレスと化学的ストレスの2つが存在します。特に化学的ストレスは、加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングを行うことにより、大変効果的に成果をあげることができます。

実際に、ある一定の血流制限値を守ること、また適切なトレーニングメニューを実施することで、筋肉に対してプラスに作用する化学的ストレスが発生することが、数多くの研究でわかっています。

また、加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングでは、通常のトレーニングと異なり、速筋、遅筋、中間筋を同時に鍛えることができるので、今までとは異なる感覚をトレーニング後に体感できるでしょう。成長ホルモン美圧ヨガを体験された方が、今までのヨガと違う!そう感じられるのは、速筋、遅筋、中間筋を同時に鍛えることができることによる、これまでにない感覚を体感しているからなのです。

普段運動をされていない方にも、また常日頃トレーニングをされているトレーニーや、メジャーリーガーをはじめとするアスリートにも最適なトレーニングが加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)なのです。

加圧=BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングを応用して、生まれた成長ホルモン美圧ヨガ、是非、体験してみませんか?

キーワード
カテゴリ

記事をシェア

体験のご予約 会員マイページ