美圧(BFR血流制限トレーニング)とは何か?【プロボディビルダー山本義徳さん解説】

山本義徳さん解説

 

美圧(≒BFRトレーニング)において重要な要素「成長ホルモン」とは何でしょうか?

 

今回は、BFRトレーナーズ協会の理事でもある山本 義徳さんに、

・成長ホルモンが分泌される

・成長ホルモンが分泌された後の効果

についてお話頂きました。

 

【成長ホルモンが分泌される仕組み】

成長ホルモンは脳の脳下垂体というところから分泌されます。

筋肉の中に乳酸ができるとそれがシグナルとなり、成長ホルモンの分泌を促します。

美圧(≒BFRトレーニング)は血流を制限しますので、筋肉の中に酸素があまり回らなくなります。人間の体は「酸素を使うエネルギー生産」と「酸素を使わないエネルギー生産」の2つがあるのです。

美圧は「酸素を使わないエネルギー生産」なので、そのようなトレーニングは筋肉の中に乳酸が多く発生します。

もちろん普通のトレーニングでも乳酸は出ますが、血流を制限した分だけ酸素が組織に回らないようにすることで、より多くの乳酸が発生します。

より多くの乳酸が出ればそれだけ多くの成長ホルモンが出ます。

 

【成長ホルモンが分泌された後の効果】

成長ホルモンが出ることによってどのような効果があるのか?ということですが、まずは【脂肪の燃焼】

そして、大きな効果としては【コラーゲンの合成】です。コラーゲンというのは筋肉だけではなく、骨や肌、髪、内臓などいろいろな体の組織を作っています。人間の体のたんぱく質の3分の2はコラーゲンからできています。

成長ホルモンを出すことによってコラーゲンが合成されると、肌もきれいになり筋肉も強くなります。

軟骨や腱、靭帯といった関節も強くなります。このように関節を強くしたり、アンチエイジングに役立ったり、脂肪を燃焼したりという効果が期待できます。

美圧(≒BFRトレーニング)というのは血流を制限することにより、普通のトレーニングに比べて非常に軽い負荷でトレーニングすることができます。

普通のトレーニングだと重い重量を使う必要があり、かなりキツイのですが、美圧は外部から筋肉を圧迫することによって血流を制限するので、非常に軽い負荷でも効果を得ることができます。

圧迫する力や使う重量をうまく設定することによって、ハードなアスリートから健康管理や高齢者のリハビリまで十分な効果を得ることができるのです。

 

■山本 義徳氏 経歴

1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。

 

◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

 

キーワード
カテゴリ

記事をシェア

体験のご予約 会員マイページ