美圧ヨガがダイエットと筋力アップに効果的な理由【プロボディビルダー山本義徳さん解説】

美圧ヨガがダイエットと筋力アップに効果的な理由【プロボディビルダー山本義徳さん解説】

前回のコラムで美圧(≒BFRトレーニング)によって成長ホルモンが出てくる仕組みと効果を説明しました。

今回は成長ホルモンが脂肪の燃焼を活性化してくれる仕組みについて解説したいと思います。

 

今回も引き続き、BFRトレーナーズ協会の理事でもある山本 義徳さんに、

・美圧ヨガで脂肪燃焼が高まる理由

・筋力アップする美圧ヨガ効果とは

についてお話頂きました。

 

【美圧ヨガで脂肪燃焼が高まる理由】

成長ホルモンがなぜ脂肪燃焼をしてくれるのか?

専門用語を用いて難しいかもしれませんが、詳しく解説していきたいと思います。

 

体脂肪は「ホルモン感受性リパーゼ」という酵素によって分解されます。この酵素は「ノルアドレナリン」と「成長ホルモン」によって活性化されます。「ノルアドレナリン」と「成長ホルモン」は美圧(≒BFRトレーニング)によって活性化しますので、体脂肪を分解する酵素を美圧(≒BFRトレーニング)によって活性化させています。つまり、体脂肪の分解そのものを高めてくれると言えるのです。

 

ただし、体脂肪が分解されても、分解されたものがそのまま血中に吸収されてしまえば、その脂肪がまた体脂肪に戻ってしまいます。そのため、大事なのは分解した脂肪がエネルギーとして使われることなんです。普通にただ体脂肪を分解するだけならカフェインなどにも同じような効果がありますが、美圧(≒BFRトレーニング)は分解した体脂肪をトレーニングによって燃焼します。燃焼するというのは二酸化炭素と水に分解して完全に体から無くす事を言います。そこまで行うのが美圧なのです。

 

【筋力アップする美圧ヨガ効果とは】

ダイエットを行う時にはよく筋力をアップして基礎代謝量を上げていく必要があると聞いたことがありませんか?

筋力アップする仕組みについて解説します。

 

筋力アップする(筋肉が肥大する)時には、まず筋肉が単純に増えること。そして、逆に筋肉が減っていくのを抑えること。このふたつのラインから考えてく必要があります。

 

まず筋肉が増える時、体の中で細胞を増やす作用のある「エムトール」というシグナル伝達経路が美圧(≒BFRトレーニング)で生じる成長ホルモンによって活性化します。「エムトール」というのは他にも「インスリン」や「男性ホルモン」によっても活性化しますが、美圧によっても活性化することができます。そのため、美圧でも筋肉を増やしていくことができるのです。

 

そしてもうひとつ、筋肉を分解していく(減らしていく)「ミオスタチン」という遺伝子があります。なぜ筋肉を分解する遺伝子があるかというと、体にとって筋肉というのはそれほど必要ではないからなんです。例えば、ホルモンや酵素など、筋肉の他にも様々な必要なたんぱく質が体の中にはあります。それら重要なたんぱく質を作るために、筋肉を増やすようなたんぱく質を減らして調整する役目が「ミオスタチン」の役割なのです。つまり、「ミオスタチン」があることによってたんぱく質を有効に、命のために利用することができるようになっているのです。ただし、筋肉を増やすためには「ミオスタチン」は少ない方が良いのです。具体的な基準は分かっていませんが、美圧によって「ミオスタチン」をだいたい25%程度まで減らせることが分かっています。

美圧というのは、「エムトール」を活性化して筋肉の細胞を増やす。そして「ミオスタチン」を減らすことによって筋肉の分解(減少)を抑える。このふたつの視点から筋肉を増やしていくことが可能なのです。

 

■山本 義徳氏 経歴

1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。

 

◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

 

 

キーワード
カテゴリ

記事をシェア

体験のご予約 会員マイページ